カテゴリ:足利学校( 7 )

平泉澄「金澤文庫と足利學校」について

平泉澄「金澤文庫と足利學校」は、大正15年に至文堂から刊行された『中世における精神生活』のひとつの章として収められている。現在は、平成18年に錦正社から「漢文・古文に返点・濁点・句読点をつけ努めて読みやすくし」たものが刊行されている。
錦正社のサイトには以下のようにある。

 平泉澄博士の第一著作で、近代的な中世史研究の原点とも評価される名著を八十年ぶりに組み直し、新たに解説・索引を加え、漢文・古文に返点・濁点・句読点をつけ努めて読みやすくし復刊。
 博士は、従来、闇黒の世界、錯雑の世界と称され、ほとんど顧られることがなかった「中世に於ける精神生活」の種々相を解明して一書を成すことが年来の願いであった。
 上代と近世との中間に在って承前起後の位置を占める中世を理解する事は、国史全体を貫く理解となること、また中世の精神生活を明らかにする事が、混迷せる現代の思想界に一つの光明・指針を投げかけることになると確信したからである、という(自序)。
 本書は、出版後、学界・思想界にも当時の世相にも極めて大きなセンセーションを巻き起こした。しかも今なお、学位論文『中世に於ける社寺と社会との関係』(大正十五年刊)と共に高く評価されている。本格的に歴史と社会の見直しを迫られている今こそ、この名著が読み直される好機と考え、ここに復刊する。とりわけ若い史学研究者や歴史愛好家たちに、このユニークな大著を丹念に味読して頂きたい。 
 

ここでは、至文堂によるが、「金澤文庫と足利學校」の問題意識を記した文章を引いておく。旧字体は、新字体になおしてある。金沢文庫と足利学校が、教育・研究機関としてはさほど機能していなかったとする。今後、足利学校の歴史を批判的に考えていくにあたって重要な指摘もみることができる。
---------------------------------------------------------------------
 中世に於いて宗教がすべての文化価値の最高究竟のものと考へられ、上代に於いて貴族文化の栄えたときには「木の端のやうに」思はれた僧侶が、最も尊きものとして尊敬せられ、其他のものは此の宗教に従属し、その関係に於いて僅かにその価値を保有すると考えられるるに至ったのは、無論従来支配階級であつた貴族が、政治上にも経済上にも俄かにその勢力を失い、それと共に貴族文化が究速度に衰退した結果ではあるが、しかし之に代つて宗教文化が俄かに台頭し、あれ程迄に深く宗教意識を全国民の脳裏に呼び起し得た事は、当時に於ける教育が僧侶の手によって握られてゐた特殊の事情に、その最も深き原因を帰せなければならない。
 しかるに中世の教育を説くものは、従来殆んど一定して、この時代を暗黒の時代と見、而してその暗黒の中に於ける稀なる光明として、金沢文庫と足利学校との二つを非常に重大視して居る。しかしながら此の二者は、果してそれほどの価値があつたかどうか、即ち従来説かるるが如き重大なる意義を中世文化史上に持つものであるかどうか、私は疑いなきを得ない。そこで本題に入るに先だち先づ金沢文庫と足利学校との歴史を調べ、それが中世の文運に如何なる貢献をなしたかを考へ、その歴史的意義を論定したいと思ふ。
[PR]
by kawa0201jp | 2012-01-10 11:11 | 足利学校

足利学校釋奠記念講演一覧 平成元年~平成23年

平成元年11月23日
 西   和夫「足利学校の復元について」(神奈川大学教授 工学博士)
平成02年11月23日
 児玉  幸多「庠主寒松とその周辺について」(元学習院大学学長 文学博士)
平成03年11月23日
 加藤  道理「孔子の人間観と教育」(桜美林大学教授)
平成04年11月23日
 中村   元「東洋の心」(東京大学名誉教授 文学博士)
平成05年11月23日
 石川  忠久「孔子と文化」(二松学舎大学大学院教授 文学博士)
平成06年11月23日
 下田   弘「足利学校と日本のこころ」(武蔵工大名誉教授)
平成07年11月23日
 新井  正明「古典と経営」(住友生命名誉会長)
平成08年11月23日
 古賀   慶信「足利学校とわたくし」(瑞厳山圓光寺住職)
平成09年11月23日
 佐原   眞「釋奠・犠牲・家畜」(国立歴史民族博物館館長)
平成10年11月23日
 松川  健二「宋明時代の論語」(二松学舎大学文学部教授)
平成11年11月23日
 杉山  正明「足利と曲阜」(京都大学大学院文学研究科教授)
平成12年11月23日
 廣野  行甫「「義と利」を現代に考える」(国士舘大学副学長)
平成13年11月23日
 小南  一郎「天命・運命・生命-中国古代の命の観念-」(京都大学人文科学研究所教授)
平成14年11月23日
 礪波   護「唐代の釋奠」(京都大学名誉教授・大谷大学教授)
平成15年11月23日
 戸川  芳郎「再説『教学』と『義疏』」(東京大学名誉教授)
平成16年11月23日
 石川  忠久「『論語』に学ぶ「文」の思想」(二松学舎大学学長)※1
平成17年11月23日
 池田  和久「孔子思想の中の「学び」と「教え」」(大東文化大学教授)※2
平成18年11月23日
 松川  健二「王陽明と論語」(北海道大学名誉教授)※3
平成19年11月23日
 大島   晃「聖人孔子と人間孔子-生知と学知-」(上智大学文学部教授)※4
平成20年11月23日
 宇野  茂彦「釋奠史管見」(中央大学教授文学部・学部長)※5
平成21年11月23日
 川原  秀城「中国の文人と不老不死」(東京大学大学院人文社会系研究科教授)※6
平成22年11月23日
 池田  秀三「中国文化における礼と礼学」(京都大学大学院文学研究科教授)
平成23年11月23日
 中島  隆博「現代中国における儒学復興の意義」(東京大学総合文化研究科准教授)

※1 足利学校研究紀要『学校』第五号に掲載
※2 足利学校研究紀要『学校』第六号に掲載
※3 足利学校年報『学校』平成18年度に掲載 
※4 足利学校研究紀要『学校』第七号に掲載
※4 足利学校研究紀要『学校』第八号に掲載
※5 足利学校研究紀要『学校』第九号に掲載
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-26 11:23 | 足利学校

足利学校釋奠記念講演一覧 昭和40年~昭和63年

昭和40年11月23日
 長澤 規矩也「江戸中期の足利学校について」(法政大学教授 文学博士)
昭和41年11月23日
 阿部  隆一「足利学校の学風について」(慶応義塾大学教授 文学博士)
昭和42年1月23日
 福井   保「林家と足利学校」(内閣文庫)
昭和43年11月23日
 赤塚   忠「孔子から中庸へ」(東京大学教授 文学博士)
昭和44年11月23日
 村田  正志「足利氏の興起」(国士舘大学教授 文学博士)
昭和45年11月23日
 築島   裕「古書の訓点について」(東京大学教授 文学博士)
昭和46年11月23日
 長澤 規矩也「足利学校蔵書の流失について」(法政大学名誉教授 文学博士)
昭和47年11月23日
 長澤 規矩也「書籍を通じて見た日本支文化交流について」(法政大学名誉教授 文学博士)
 ・
 ・ ※昭和48年孔子廟修築のため釋奠中止
 ・
昭和49年11月23日
 榎   一雄「支那学研究に関する資料の所在について」(東京大学名誉教授 文学博士)
昭和50年11月23日
 関野   雄「新中国考古紀行」(東京大学教授 文学博士)
昭和51年11月23日
 岩倉  規夫「国立公文書館について」(国立公文書館長)
昭和52年11月23日
 麓   保孝「孔子廟について-日本・支那・朝鮮の比較-」(防衛大学名誉教授 文学博士)
昭和53年11月23日
 長澤 規矩也「重要文化財『唐書』の伝来とその内容-正史のこと-」(法政大学名誉教授 文学博士) 
昭和54年11月23日
 米原  正義「足利学校教学の目的について」(国学院大学教授 文学博士)
昭和55年11月23日
 市川  安司「朱子の四書について」(二松学舎大学教授 文学博士)
昭和56年11月23日
 川瀬  一馬「室町時代に於ける足利学校の意義について」(文学博士)
昭和57年11月23日
 金屋   治「中庸について」(東北大学教授 文学博士)
昭和58年11月23日
 原田  種成「孔子と論語について」(大東文化大学教授 文学博士)
昭和59年11月23日
 戸川  芳郎「『教学』と『義疏』」(東京大学教授)
昭和60年11月23日
 鎌田   正「孔夫子の慟哭」(東京教育大学名誉教授 文学博士)
昭和61年11月23日
 松下   忠「儒家の五輪説」(和歌山大学名誉教授 文学博士)
昭和62年11月23日
 山本  信吉「我が国に於ける漢書の伝来について」(文化庁 美術工芸課長)
昭和63年11月23日
 尾崎   康「印刷術の発明発達と足利学校の蔵書」(慶応義塾大学附属研究所斯道文庫教授)

※ 昭和40年~43年、昭和59年の五講演の講演筆記不明
 
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-25 11:23 | 足利学校

足利学校釋奠記念講演一覧 昭和2年~昭和18年

昭和02年11月23日 
 西村辰次郎「足利学校について」(足利市編纂長)
昭和03年11月23日 
 田中 逸平「支那の排日及排孔運動と東亜の将来」
昭和04年11月23日 
 笹川 種郎「祖国を知れ」(文学博士)
昭和05年11月23日 
 塩谷  温「教育勅語と孔子教」(文学博士)
昭和06年11月23日
 渡辺 金造「足利学校第十世庠主寒松和尚に就いて」(陸軍中将)
昭和07年11月23日
 田代 重徳「満州問題に就いて」(満州国新京領事)
昭和08年11月23日
 鳥  澤聲「孔教と日満合作」(北満鉄路交渉委員)
昭和09年11月23日
 関屋 貞三郎「聖上階下の御日常を拝し奉りて」(元宮内次官)
昭和10年11月23日
 関    靖「金沢文庫の文化史上に於ける価値に就いて」(金沢文庫長)
昭和11年11月23日
 今泉  定助「国体明徴に就いて」(皇道発揚会会長)
昭和12年11月23日
 加藤  拙堂「国民精神総動員と日本精神」(中央教化団体連合会理事)※1
昭和13年11月23日
 藤岡  継平「上杉憲実公の性行と功績に就いて」(文学博士)
昭和14年11月23日
 松井  石根「時局に対する国民の覚悟」(内閣参議 陸軍大将)
昭和15年11月23日 
 阿部 判三郎「孔夫子の教育に就いて」
昭和16年11月23日 
 茅原  山「 不明 」
昭和17年11月23日
 諸橋  轍次「儒教と現代」(東京文理科大学教授 文学博士)
昭和18年11月23日
 武富  邦茂「戦局の展望」(宮内省御用掛 陸軍少将)

※1 行幸記念と合併し柳原小にて開催
※  昭和12年、昭和15年~昭和18年の五講演は講演筆記不明 
※  昭和19年以降、釋奠は挙行されたが、記念講演は中断され昭和40年から再開されている。
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-24 11:23 | 足利学校

足利学校釋奠記念講演一覧 明治42~大正15年

明治42年12月22日 
 服部宇之吉「 不明 」
明治43年12月23日 
 矢野 恒太「実業より見たる孔子教」(第一生命保険会社社長)
 市村讃次郎「孔子教について」(文学博士)
明治44年12月22日 
 井上哲次郎「孔子の教と現代の道徳」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
 小柳司気太「孔夫子の道に就きて」(学習院教授)
大正元年12月22日 
 遠藤 隆吉「孔子の徒とは何ぞや」(文学博士)
 宇野 哲人「大義名分に就て」(文学士)
大正02年12月22日 
 嘉納治五郎「足利町と足利学校遺跡」(高等師範学校長)
 中村久四郎「論語の活教訓」(高等師範学校教授)
大正03年12月23日 
 服部宇之吉「孔夫子の人格」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
大正04年11月23日 
 島田 三郎「日本に於ける孔子教」(参議院議長)
 井上哲次郎「孔子の人格及感化」(東京帝国大学教授 文学博士)
大正05年11月23日 
 服部宇之吉「欧州大戦後に於ける国民の覚悟」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
 吉田 静至「現代の自覚」(東京高等師範学校教授 文学士)
大正06年11月23日 
 土屋  弘「孔子の教育法(附其容貌)」(東洋大学教授)
 林  泰輔「東西両洋に於ける論語」(高等師範学校教授 文学博士)
 中村久四郎「国と人」(高等師範学校教授 文学士)
大正07年11月23日 
 内田 周平「道徳の解釈並にその実行」(東洋大学教授)
 高島平三郎「人生過程の典型」(東洋大学教授)
大正08年11月23日 
 服部宇之吉「信義之価値」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
 宇野 哲人「一貫の道に就て」(文学博士)
 矢野 恒太「孝」(第一相互生命保険会社)
大正09年11月23日
 井上哲次郎「道に就て」(東京帝国大学教授 文学博士)
 小柳司気太「孔夫子の処世術」(学習院教授 文学博士)
大正10年11月23日
 桑木 厳翼「知識と生活」(東京帝国大学教授 文学博士)
 稲葉 君山「儒教と家族制度」(陸軍大学教授)
大正11年11月23日
 吉田 静至「現代社会と人格生活」(東京帝国大学教授 文学博士)
 中村久四郎「精神的長生不老」(東京高等師範学校教授)
大正12年11月23日
 中村 進午「大勢」(法学博士)
 西村辰次郎「足利学校と足利氏」(文部省嘱託)
大正13年11月23日
 安井小太郎「孔夫子及足利学校」(第一高等学校教授)
 足利 衍術「足利学校の学風と影響」(東洋大学教授)
大正14年11月23日
 宇野 哲人「孔夫子の盛徳大業に就て」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
 吉田 熊次「新教育思想と儒教思想との異同」(東京帝国大学文科大学教授 文学博士)
大正15年11月23日 
 加藤 玄智「孔夫子の宗教意識」(文学博士)
 吉田 静至「真の偉人」(文学博士)

※明治42年12月12日、明治43年12月23日の三講演は、講演筆記が不明となっている。 
 

 
        
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-21 21:49 | 足利学校

足利学校研究紀要『学校』目次(第六号~九号)

第六号(平成18年3月)
研究
足利学校第十世庠主 寒松-詩偈訓詁抄(其六)- 須永美知夫(1)
足利学校釈奠・釈菜考 倉澤昭壽(37)
足利学校本 柿本人麿像について 大澤慶子(71)
史料紹介
学規三条 須永美知夫(89)
足利学校置五経疏本条目 須永美知夫(99)
学校省行堂日用憲章 須永美知夫(115)
足利学校遺跡保護委員日誌 市橋一郎・倉澤昭壽[史跡足利学校研究員・元史跡足利学校研究員](125)
「内山友山懐徳」関係史料 菊地卓・大澤慶子(241)
奥河内清香家集『倭寧傳し故』巻の三 奥河内清香研究会(249)
釋奠記念講演
庠主講話 前田專學(327)
孔子思想の中の「学び」と「教え」 池田知久(333)
雑報
史跡足利学校平成十七年度事業記録(349)

第七号(平成21年3月)

平成十九年度釋奠時庠主のことば 前田專學(1)
研究
足利学校第二十世庠主 大梁周廓略年譜 倉澤昭壽(3)
足利市指定重要文化財『古文尚書』にまつわる二・三のこと 須永美知夫(19)
「『杏壇』は『教壇』に通じない」の論 須永美知夫(31)
現行足利学校釋奠について 市橋一郎(35)
調査研究
足利学校庠主墓地測量調査について 池上悟[立正大学教授]・市橋一郎(65)
史料紹介
足利学校遺跡保護委員会会計報告書(明治前半期) 倉澤昭壽・市橋一郎・吉田美貴子(95)
資料紹介
釋奠「祝文」解説 須永美知夫(131)
釋奠記念講演
聖人孔子と人間孔子-生知と学知- 大島晃(139)

第八号(平成21年12月)

平成二十年度釋奠時庠主のことば 前田專學(1)
研究
足利学校第二一世庠主 太嶺元諄年譜考 倉澤昭壽(3)
史料紹介
釋奠開催日変更に係わる書簡について 倉澤昭壽・市橋一郎・吉田美貴子(25)
奥河内清香家集『倭寧傳し故』巻の五 奥河内清香研究会(45)
釋奠記念講演
平成二十年度庠主講話 前田專學(75)
『釋奠史管見』 宇野茂彦[中央大学教授](83)

第九号(平成23年3月)

平成二十一年度釋奠時庠主のことば 前田專學(1)
研究
足利学校第十〇世庠主竜派禅(玄)珠寒松略年譜考 倉澤昭壽(3)
史料紹介
足利学校遺跡図書館並管理委員会 倉澤昭壽・市橋一郎・吉田美貴子(41)
奥河内清香 家集『倭寧傳し故』巻の五 奥河内清香研究会(75)※
釋奠記念講演
中国の文人と不老不死 川原秀城(111)
平成二一年度庠主講話 前田專學(125)
----------------------------------------------------------------------------------------------------
史跡足利学校「研究紀要」『学校』
編集 足利市教育委員会
発行 (史跡足利学校事務所)
〒326-0813
足利市昌平町2338

題字 第七世庠主玉崗瑞璵九華の文字を集字したものです

※奥河内清香 家集『倭寧傳し故』巻の五を史跡足利学校年報『学校』平成二十一年度版に掲載した奥河内清香 家集『倭寧傳し故』巻の五の後半部を掲載する。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

史跡足利学校年報『学校』平成18年度  ※「研究紀要」と「年報」を合わせて発刊

Ⅴ紀要
1 研究
(1)足利学校第10世庠主寒松-詩偈訓詁抄(其六)- 須永美知夫(1)
(2)足利学校出土の中国産磁器について 市橋一郎・齊藤糸子・足立佳代(11)
(3)足利学校19世庠主実巌宗和年譜考 倉澤昭壽(26)
2 史料紹介
(1)松川東山墓表  須永美知夫(55)
(2)足利学校関係の木村半兵衛家文書について 倉澤昭壽・市橋一郎(63)
(3)河内清香 家集『倭寧傳し故』巻の4 奥河内清香研究会(77)
3 釋奠記念講演
(1)庠主講話 前田專學氏(105)
(2)記念講演『王陽明と論語』 松川健二氏(107)  
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-12 10:13 | 足利学校

足利学校研究紀要『学校』目次(創刊号~第五号)

足利学校研究紀要『学校』目次を一覧としてみることの出来るサイトが見当たらなかったので、足利学校遺蹟図書館でメモをしてきた。まずは、創刊号~第五号までを掲載する。タイプミス等発見次第訂正していきます。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------
創刊号(平成13年3月)
創刊の辞 吉田哲也[足利市教育委員会教育長]
研究
足利学校と林家 倉澤昭壽(3)
足利学校所蔵「毛詩鄭箋」識語考-心甫栄伝は足利学校の学徒か- 倉澤昭壽(37)
詩偈訓詁抄(其一)須永美知夫(65)
寄稿
足利学校の寺院的性格 柏瀬順一(91)

第二号(平成14年3月)
巻頭のことば 前田専學[史跡足利学校庠主]
研究
足利学校学徒考 倉澤昭壽[史跡足利学校研究員](3)
足利学校第十世庠主 寒松-詩偈訓詁抄(其二)- 須永美知夫[史跡足利学校研究員](195)
足利学校孔子坐像考 大澤慶子[史跡足利学校勤務・美術史学会会員](231)
史料紹介
史跡足利学校所蔵奥河内清香『道行ぶり』巻一 海老澤勇一[足利市文化財愛護協会会長](奥河内清香研究会)(265)
魚住和子氏蔵、龍派禅珠寒松の『寳岑字偈』について 菊地卓[栃木県立足利南高等学校教諭](337)

第三号(平成15年3月)
はじめに 吉田哲也[足利市教育委員会教育長]
研究
足利学校庠主年譜稿 倉澤昭壽(3)
(一)九世閑室元佶(二)一六世月江元澄(三)一七世千渓元泉(四)一八世青郊元牧
足利学校第十世庠主 寒松-詩偈訓詁抄(其三)- 須永美知夫(315)
史料紹介
奥河内清香『道行ぶり』巻二・三・四 海老澤勇一(337)
資料紹介
足利学校所蔵旧岡谷家白鷹図について 大澤慶子(503)
雑報
史跡足利学校平成十四年度事業記録(519)

第四号(平成16年3月)
巻頭のことば 前田専學[史跡足利学校庠主]
研究
足利学校学徒考補遺 倉澤昭壽(3)
『学校』第二号「足利学校学徒考」訂正表 倉澤昭壽(38)
足利学校第十世庠主 寒松-詩偈訓詁抄(其四)- 須永美知夫(45)
足利学校孔子坐像考補遺 大澤慶子[史跡足利学校古文書整理業務等委託職員・美術史学会会員・成城大学大学院文学研究科美学・美術史専攻博士課程前期在籍](107)
史料紹介
奥河内清香研究会
 奥河内清香『戊巳紀行』(111)
 奥河内清香『請ネ壽日記 己酉之部』(123)
 奥河内清香『さらばひくさ』(133)
 奥河内清香『两社詣紀行日次記 舩廼綱手』(145)
 奥河内清香 家集『倭寧傳し故』巻の一(179)
資料紹介
足利学校大成殿大棟の海獣 須永美知夫(235)
雑報
史跡足利学校平成十五年度事業記録(241)
『足利学校記録』発行のお知らせ(249)

第五号(平成17年3月)
研究
足利学校第十世庠主 寒松-詩偈訓詁抄(其五)- 須永美知夫(1)
〈寸描〉足利藩の「学問所」(幕末期)のこと 菊地卓[足利市文化財専門委員会副委員長](33)
史料紹介
奥河内清香家集『倭寧傳し故』巻の二 奥河内清香研究会(41)
資料紹介
渡辺玄対筆山水図について 大澤慶子(137)
釋奠記念講演
庠主講話 前田専學(145)
『論語』に学ぶ「文」の思想 石川忠久(151)
雑報 
史跡足利学校平成十六年度事業記録(173)
既刊内容紹介(181)
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-11 21:41 | 足利学校


世界史研究会運営ブログ


by kawa0201jp

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
研究会案内
参加記
文献紹介
読書メモ
足利学校
足利探訪
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

フォロー中のブログ

ウラゲツ☆ブログ
歴史の諸問題

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


戦争と近代―ポスト・ナポレオン200年の世界


国家の興亡と歴史家―復刻:解説


近代の超克―永久革命

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

日本近世の自立と連帯
at 2012-03-04 09:47
歴史地理教育 2012.2 ..
at 2012-02-20 23:09
明石弁天厳島神社
at 2012-01-29 21:21
山川長林寺
at 2012-01-24 17:21
歴史科学協議会サイトより転載
at 2012-01-22 22:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧