世界史研究会シンポジウム 於、東京電機大学神田

前日までの雨も上がり、きょうはよい天気であった。
東京電機大学神田校舎11号館17階特別会議室で世界史研究会創立記念シンポジウムを行なった。

「科学技術と歴史学―3.11までの現代史を顧みる」というテーマで、石塚正英氏による企画提案のシンポジウムであった。氏による提起は「・・・むろん、今回の大災害の元凶に科学至上主義・近代官僚主義などがあげられるからです。モルトケ以来のピラミッド的合理主義組織・フォーディズム生産システム(アメリカ的グローバリズム)は崩壊しているのに、それにしがみつく近代というものに批判のメスを入れましょう」というもの。
a0239911_10201864.jpg

報告者とその論題は、
1.青木信家「アメリカ的自由の再検討」(世界史研究会会長)
2.岡本充弘「歴史のハイアラーキー:近代の知の秩序」(東洋大学文学部教授)
3.石塚正英「東亜共同体リーダーの資格喪失」(東京電機大学理工学部教授)
であり、それぞれ30分~40分程度でお願いした。

それぞれの報告の要旨をつかめるものを『世界史研究論叢』第2号に掲載できるようにと、考えている。会は、14:00開場→14:30開会→18:00閉会→懇親会の流れで行なった。司会は、川島祐一。
創立記念大会にふさわしく開場が満席になる盛況であった。報告者3名、司会、参加者12名の計16名。シンポジウムの後に予定していた『世界史研究論叢』第1号の合評会は時間の関係でできなかった。シンポジウムの時間内では質問が終わらなかったので、懇親会の席でも大いに盛り上がったことだろうと思う。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
成瀬治『世界史の意識と理論』、西嶋幸右『専制君主と啓蒙思想家』、岡崎勝世『聖書VS世界史』、織田武雄『地図の歴史-世界編』、福井憲彦『歴史学入門』の5冊を研究会前に神保町で購入。
[PR]
by kawa0201jp | 2011-12-04 11:30 | 参加記


世界史研究会運営ブログ


by kawa0201jp

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
研究会案内
参加記
文献紹介
読書メモ
足利学校
足利探訪
未分類

以前の記事

2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月

フォロー中のブログ

ウラゲツ☆ブログ
歴史の諸問題

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ


戦争と近代―ポスト・ナポレオン200年の世界


国家の興亡と歴史家―復刻:解説


近代の超克―永久革命

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

日本近世の自立と連帯
at 2012-03-04 09:47
歴史地理教育 2012.2 ..
at 2012-02-20 23:09
明石弁天厳島神社
at 2012-01-29 21:21
山川長林寺
at 2012-01-24 17:21
歴史科学協議会サイトより転載
at 2012-01-22 22:49

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧